ブロガーの悩みに一石を投じる!ネタ切れ防止コンサルに相談!

アイキャッチ.jpg

こんにちは、鉄人です。

今日は僕を含めた多くのブロガーさんがぶつかるであろう「ブログのネタ切れ問題」と向き合うべく、ネタ切れ防止コンサルのこっこさんに相談に乗っていただいた話です!



治療ではなく、予防

去年の12月からこのブログを書き始めたわけですが、ずーっと気になっていることがあります。





「世のブロガーの方々は、どういう視点で記事のネタ見つけているんやろか?」


本格的にネタ切れになったことはないですが、漠然と危惧してる。


  • ネタが無いときはインプットに徹する
  • ネタが無いこと自体をネタにしてみる
  • ネタ切れを焦らずに過ごそう

僕が尊敬しているブロガーさんは、万が一ネタが切れた時は上記のような対策が有効だとおっしゃいます。

参考になります、これらについてはいざ本当にネタ切れになったら試していこうと思います。



それとは別にもう一つの着眼点があって、
“そもそもネタが尽きない人がいたら、どんな切り口や視点を持っているのか”
がとても気になっていた。


要は

ネタ切れになってから治療するという発想ではなく、そもそもネタ切れを予防できたらサイコー!」
と思うわけです。

【そもそもネタが切れない思考回路】は、ブログ書いている人ならとても気になるトピックではないでしょうか?
そして結構哲学的なトピックでもあるので、多くの人が自分の中でフツフツモンモンとさせていることでしょう。笑

僕もその一人です。



↓そんなこんなことを考えながら淡々とブログを更新していると、ふと目に止まった記事。
【ブロガー必見】なんでみんなネタ切れするの?


これや!
知りたかったのはネタ切れしてからの対策ではなくて、そもそもネタ切れしない人の脳みその中身や!

てなわけで、ネタ切れ防止コンサルのこっこさんに相談に乗っていただきました。
【こっこさんのブログはコチラ】

スポンサーリンク



開始5分でネタ探しの切り口の提案が来る!

アプローチするとDMで返信が。。。


こっこさん「こんにちはー。最新記事を読んで5分ぐらいで考えてみました。(提案内容ズラ―)


ワイ「ありがとうございます!(たったの5分でいきなり11個も提案くれてる。一体なにものなんやこの人、ネタが湧き出る泉やw)」


一部抜粋するとこんな感じ。

  • 変なクレジットカードの特典
  • 役に立つクレジットカードの特典
  • 今までの人生で1番クレカで得した話(損した話)
などなど


全てを記事にできるかどうかはさておき、ここにある切り口だけでかなりの記事書けそうです。カミングスーン


しかし、大事なのは提案をもらうことだけではない!

「提案アザースw」でもらった材料を記事にするだけではただのアホなので、一度立ち止まって考えてみました。


個人的に見えてきたところが、
「世に転がる事実に自分の考えや体験を組み込む」
という視点。


ネタ切れ防止の抜本的な解決に向けてはこの考えが一つ必要!!


事実だけ述べるのではなく、事実に対して僕はこう思う!こんな考えだ!が大事なんだってこと。
それを発信し続けることで刺さる人が出てくるんだと思いました。

思い返せば置きに行ってるなーって感じること多々あります、盛り上がりどころない映画みたいなw



そしてさらに振り返ると見えてきたのですが、「おもしろかったですー!」と反応があった記事って、誰でもわかるレベルに噛み砕いてバカ話も入れつつ自分の考えを発信してる記事だったりすることに気づいた。

だから、極論ですけど世の中の事実だけを淡々と述べる記事よりも、女子高生が自分の想いに基づいて愚痴とか悩みを綴った記事の方が刺さる人いたりするんじゃないかなーとか思った。笑





さらに深掘り、特化?or雑記?

僕の場合、そもそもブログを始めたのがファイナンシャルプランナーの備忘録的な位置づけでスタートしたわけです。


自分の知識の定着のためでもあり、深掘りして思考して応用が利くように考えていく、ってな具合で自分のメリットのために書いている部分もあります。


とはいいつつも、たまには雑記したくもなる。

でも、お金の話に縛っていかないといけないのかなーとか、謎の責任感に縛られたり。笑


そう、すごくフワッとしています。
特化ブログ路線を猛進すると先々でネタに困りそうな気もするし・・・。




てなことを相談したところ、記事でアンサーくれました。
【雑記か特化か?ブログの分かれ道の本当の問題点 ネタ切れコンサルno.003】

いやすごい、どんなこと発信したいか見えましたね!


僕の強みというか特徴とでも言いましょうか、人から言われることといえば、

  • 相手のレベルに合わせて話を噛み砕いて説明するのが上手
  • なんか人が思いつかないような変な着眼点や切り口で話を始めること


よく言われるのって、この2点かなって思います。
2つ目に関しては、場合によっては炎上の火種になるわけですがそれも良いでしょうw
特徴をもっと押し出して記事を書いていきたいと思います♪



そんなわけで、金融ネタに絞らずにもっと自分出して書いていこうと思います。



ハードルを飛び越えるだけではなく、下をくぐり抜けるという選択が出てきちゃう。
そんなブロガーになっていこうと思います。笑

スポンサーリンク



結論、相談してよかった

世に転がる事実に、自身の体験と考えを組み込んで文章にしていく。
相談したことで、このスタンスが新たに見えました。

これは大きな一歩♪


結構、置きに行った文章を書いてしまうんですが、この記事書いていて思った、100%良いことだけが書かれている記事なんて存在しない。

どんなに素晴らしい人が書いた記事でも100%はありえない。


淡々と悩みや愚痴が綴られている記事があったとして、共感した人にとってはとても良い記事なのだろうし、共感しない人にとってはくだらない記事になるのだろう。



きちんとした事実を伝えている(可能性が比較的高いであろう)NHKのニュースに対してですら、

「それは違うだろう!」

と文句を言う人はいる。


でもブログはニュースではなくて、書く人の個性が出てこそ。


これまで100%良いことを書いた記事が理想として心のどこかにあった気がしますが、自分の考えを発信する場において発信した内容が他人にとって良いか悪いかは二の次だなーと。


そんなことを考えました。
フツフツと悩んでいるブロガーさんはこっこさんに相談してみてほしい、脳みそがとても活性化します。笑


そして、こんなこと考えて文字に起こしているだけで気づけば2000文字超え、結構いけるやん。w

こっこさんが面倒でなければ引き続き相談にのってもらって、おもしろい思考回路はどんどん盗ませてほしいと思います!!





ほなほな





この記事へのコメント