見つけてますか?“自分のバランス”

バランス2.jpg

こんにちは、久々に風邪でがっつり寝込んでいる鉄人です。

もう寝飽きたのでブログでも書こう。



最近すごく考えていたことがある。




仕事もプライベートもバランスが大事!



バランスが大事なのは当たり前のことだし頭でわかっているのだけれど、僕はどれかに偏りすぎて、その他をおざなりにしてしまうことがある。
本当にそれでいいのか、とたくさん考えた.


何が正解なのかわからないが、忘れないように書き残しておこうと思う。





スポンサーリンク

生きていくにはエネルギーが必要だ

自発的にやる仕事は基本的に楽しい、しかし決して楽ではない、莫大なエネルギーが必要だ。
遊びも基本的に楽しいが、これまたエネルギーが必要だ。

結局のところ、なにをするにもエネルギーが必要だ。
逆をいうとエネルギーが湧いてこないとなにもできなくなってしまう。

そこで

ワイ

エネルギーって何者や、どうすればエネルギッシュになるんや!?

って考えた。

夢・想い・ビジョンみたいなものは非常に大きなエネルギーになると思う。
あれしたい、これしたい、こうなりたい、、、ってやつ。

その自分の夢・想い・ビジョンを実現した先に本当に求めているものは何なのか、さらに深掘りして考えてみた。

僕の場合は、食べていくことに困らず、好きな人と楽しく充実した人生を送りたいってことだった。

思いの外フツー。

フツーだが、僕が最終的に目指したいことはきっとこれだ。

自分が思う“充実した生活”の中身を具体的に書きだせば、夢リストが増えていく。

ほとんどの仕事はそれに至るための通過点や手段。
手段が多ければ選択肢の幅が増えるだろう、20代で必死に精進すれば30代できっと選択肢の幅が増えるだろう。
選択肢の幅が広いことは生活、もっというと人生を充実させるのにプラス要因だと僕は思う、だから僕は今を全力で生きたいと思う。

そして手段すらも楽しみとしてこなしていきたいと思うわけである、なにをやるにしてもそうだが、どうせやるなら楽しんだ方がいいに決まっている。

こういう言い方をすると「それって、無理しているのでは?」と思われる人もいるであろうが、僕は昔から置かれた環境で楽しみを見つける能力が人一倍長けていると自負しているので、これが出来てしまう。
楽しければおのずとエネルギーが湧いてくる。



バランスが崩れると、エネルギーが足りなくなる

考えているうちに至った一つの結論が、楽しいことを楽しいと認識できるのは、自分を形成しているあらゆる支えのバランスが保たれてこそだってこと。

いくら楽しくても自分を形成するものが1つでも欠けるとパフォーマンスに影響を及ぼすように思う。
だから楽しけりゃどういうやり方でなにをやってもいいって考えは良くない、と最近思う。


えば、僕は今風邪で寝込みながらこの記事を書いているわけだが体調が悪ければ、何事も楽しくなくなる。
当然だ、体調が悪い中でフルパワーを出すのは相当難しい。フルパワーを出せないと楽しいはずもない。

「健康」という自分を形成する支えが弱くなり日常のバランスが崩れてしまいパフォーマンスが下がる、だから楽しいことをするための基礎の部分で体作りや健康管理に配慮することは非常に大事なことだ。
煙草をやめる、食事に気を使う、お酒はほどほどにする、しっかり睡眠をとる、とか。

言ってる割に慢性的な寝不足生活を続けた結果、今こうやってガタがきていますので今後はしっかり睡眠時間を確保します。笑
どの時代を生きたどこの誰が言い出したのか知らないが「健康第一」という言葉は紛れもなく真理だ。


えば人と喧嘩するだけで、仕事への集中力が低下することがある。(これに関してはコトと場合によっては逆に集中力が増す方向にうまく昇華できるケースもあるので一概に言い切れないが。)

「プライベートと仕事を混同するな」と言う人がいますが、人間の心ってそこまでシステマティックにできていない、少なくとも僕はそう。
混同しないように意識する、できる限りの努力はする、でも全く気にしないで過ごすことはなかなか難しい。


今それを気にしても仕方ないと頭ではわかっていても、気になって他の事が手につかなくなった。
こんな経験は、おそらく誰にでもあることだろう。

気にしても仕方ないことにエネルギーを使ってしまう。

こんな経験を通して、一定の範囲の人との良好な関係が自分なりのバランスを形成していることに気付いたりする。

彼女、友達、家族、仕事仲間、などなど。

同時に良好な関係を築くためには楽しませる努力だけではなく、悲しませない配慮も同じぐらい大事なことだと気づいたりする。

他にも挙げだすといくらでも出てくる。

えば、あえてまだまだ先の話をすると、年を重ねていくと出来なくなることが増えていくだろう。
老いにより自分のバランスが崩れていくことは避けられないので、それに合わせてバランスを形成していかないといけない。

老いとともにバランスが崩れないような努力は、先に述べたの「健康」という支えを維持するための努力(=体作りや健康管理)につながってくる。
ずいぶん先の話をしているにも関わらず、体作りや健康管理は今からでもすぐに取り入れられることだ。
いずれバランスを変えないといけないことを受け入れつつ、妥協しなくてもいいように今の段階からできる努力を取り入れる。


僕は最近とても必死に、全力で今を生きている。
今までの人生でこんなに全力になったことはない程に全力。

同時に僕を形成するあらゆる事柄や関わる人に支えられて生かされていることをとても実感する。
以前よりも感謝の気持ちを持って生きられるようになった、あらゆる事柄への感度が上がったように思う。

捨てるべきものはまだ周囲にいくらか存在している、でも捨てない方がいいものも確実に存在していて少しずつではあるがそれに気づけるようになってきている。
「やりたいことや好きなことのためになんでもかんでも捨てなくても良いよ、僕は捨てすぎました。」と経験を踏まえて伝えてくれる先輩の言葉がグッと刺さったここ最近。

そんなわけで、もっと自分を形成するバランスに配慮すれば、エネルギーが湧き出る泉になれそうな気がするわけです!


なにより思うのが、自分のバランスをうまく保てるようになれば、ウツになる人は減るのではないだろうか?

20代もいよいよ後半になるわけだが、青春時代並みに気づきが多い生活を送れていることがありがたい。

気の持ちよう1つで、人生は一生青春になり得るぞ!笑


思うことをツラツラと書いていると、今日はすごく哲学的な話になってしまった。笑
たまにはこんな記事もいいでしょう。



ほなほな



この記事へのコメント