ヒラシャインが無職に作業効率化を教わった話

霊長類.jpg


こんにちは、鉄人です。


ワイ

あぁ、やばい・・・

じゅん君

お、鉄人やん!どないしてん?

ワイ

あぁ、じゅん君。実は・・・

ワイ

記事書くの遅すぎて、ブログの更新滞ってる!

じゅん君

ふーん(塩対応)



















じゅん君

お、そういえば!この前、プロ無職を名乗る男からこんなライン来とったで!

スクリーンショット 2017-04-26 21.42.59.png




















ヒラシャインけーすけ.jpg
イェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!
↑エイサクイズム

そんなわけで、フリーランスで活躍中のるってぃさん(プロ無職)に相談して、仕事効率化のマインドを教わってきました。

るってぃさんのメディア
個人ブログ:ここから!
Airbnb特化メディア:エアログ



スポンサーリンク

るってぃってナニモノ?

フリーランスとしてハチャメチャに活躍しているずーーっと旬の無職です。
※プロ無職を名乗られてますが、決して無職ではないし、ニートでもないです。


rutty07最終-e1476375233300.jpg

<るってぃの特徴>
  • 新卒で入った会社をわずか10ヶ月でOBになる、その後フリーランスとして活動
  • やりたいことや遊びを仕事にするためのスキル・ノウハウ・オピニオンを発信中
  • かなり新しい生き方を実践中
  • ダンスうまい
  • 帽子が派手
  • おしゃれ
  • 写真はチャラそうやけどマジメ(やと思う)




そんなるってぃさんに今回伝授頂いたのはザックリ3点!
  • 記事作成の効率化(←今回の記事コレ)
  • アウトプットの練習
  • マルチタスクのこなし方

(テレビ電話でコンサルを受けたのですが、スクショするの忘れた…)


※教えてもらったこと、1回で書ききれへんから分ける!w



記事書くのクッソ遅い問題

↑お悩みの一つ目。






るってぃ

記事1本書くのにどれくらい時間かかってます?

ワイ

下書きだけで最低3時間とか、かかっちゃいますね。

るってぃ

なるほど。今日は記事を早く書くためのコツをお話しさせてもらいます!



30分の短縮を意識してみる

るってぃ

まず、僕が教えてすぐに記事を書くはやさが劇的に上がることは難しいです!

じゅん君

当然やわな、もっと頑張れよ、鉄人!w

ワイ

がんばります・・・



当然ですが、ノウハウを教えてもらった時点でゴリゴリと記事が書けるはずありません。笑




るってぃ

やはり早くなるためには数をこなすことは必須です!その中でまずは30分の短縮を普段から意識していきましょう!



彼曰く、最初は30分の短縮を目標に記事を作成するのがオススメ。


3時間かかっているなら2時間半で書けるように。
2時間半で書けるようになったら2時間で書けるように。


という感じで、日々記事を作成しつつ少しずつ短縮するという意識。

まずはこれが大切。



プロ無職の教え1
  • 記事作成は30分の短縮を意識すべし。




AKB理論


るってぃ

急に30分短縮しろって言われても難しい人もいると思うので、おそらく早く記事を書くのに役立つであろうことを今から話します!

るってぃ

僕が心がけていることですが、すべての記事を100%にしないことを意識しています。具体的には70%ぐらいのクオリティで発信しちゃってます

ワイ

なぜに70%?100%を目指さないその心は?

るってぃ

70%の記事がたくさん出来ると、目次記事を作ってそこにリンクを貼っていく。読者からしたら欲しい情報にたどり着ける可能性が高くなるから読まれます。


なるほど!

ほしい情報への道しるべとなる目次ページがあれば何度もアクセスする、たしかに。




るってぃ

例えば、本を出すとなると修正ができないので最初から100%が求められます。でも、ブログはいつでも書き直しや修正が可能。つまり70%で量産した記事はいつでも修正できて、少しずつ100%に近づけることができます。

るってぃ

70%の小粒記事を量産して、100%の記事に勝ちに行くんです!僕はこれを“AKB理論”と呼んでいます!w

ワイ

脱帽や、めちゃくちゃ理解したw




プロ無職の教え2
  • まずは70%のクオリティでもいいので記事を量産すべし。
  • AKB理論に乗っかって、読者の道しるべとなる目次ページ作成。

読者の導線まで意識してるとは、さすがのプロでした。



たまには音声入力を使う

るってぃ

音声入力は高速で文字を入力できます!


僕は普段ブログを更新するときは、ワードで下書きを作成してからブログにアップしています。
これをワードではなく、Googleのドキュメントで編集するようにすると、Googleの優秀なAIが音声入力をしてくれるようになります。

ChromeからGoogleドキュメントで「ツール」ってところをポチットやると、誰でも無料で音声入力が使えます。
スクリーンショット 2017-04-28 21.46.55.png

スクリーンショット 2017-04-28 21.47.11.png





実際に使ってみましたが、かなり精度が高い。
何がすごいって「えー」とか「あー」など、いわゆる非言語については文字に起こさずに、日本語の部分だけちゃんと文字にしてくれます。


テレビ電話しながら音声入力を有効にしていたのですが、PCから鳴っている声をその場で文字起こしができる精度の高さ、さすがGoogle先生。



これらのポイントにプラスで、MarsEditというツールを購入すると、さらに記事作成が効率化されます。


自分でショートカットを登録しHTMLで直接書けちゃう。

HTMLで書くときの視認性が無いという弱点も克服、なんとどのように表示されるのかをリアルタイムで確認できるめちゃくちゃ優秀なツールです。


記事の編集でプレビューを押す必要が無い、かなりの優れもの。
値段は4,800円しますが、これで時短になることを考えると全然高くないぞ。

スクリーンショット 2017-04-28 21.52.40.png

注意点としてはこのツールを使えるのはMacのみ。

あと、はてなBlogとワードプレスには対応していることはわかっているそうですが、他のブログで対応しているのかどうかは調べてみないとわかりません。


僕はノリでseesaaを選択しましたが、はてなBlogに乗り換えようと思います。
seesaaは使ってる人が全然おらんwww
ググっても問題解決までにかなり時間がかかってしまう。。。笑




結論:人と話すと何かしらアイデアが出る

こんな感じで記事を書く速度を向上させるためのテクニックやマインドをたくさん伝授いただきました!

今回相談させてもらって思ったんですが、彼は一見過激な人っぽいけど、めちゃくちゃ親切で、ざっくばらんに会話しながら相談できたので、思いつきが活性化される点はとてもいいことだと思った。



例えば、

るってぃ

インタビューしたときは録音して外注しています。

ワイ

録音した音声で音声入力ってできるのかな?w

るってぃ

それは考えたことなかったw



とか、くだらないことかもしれませんが自分に持っていないアプローチの仕方を教えてくれて、そこから思いつきやアイデアが生まれるのはとてもいいことだ。

今回はお時間とっていただいてありがとうございます。
忘れないうちに続編も書きます!






そんなわけで、会社員と個人事業の二刀流、更なる進化を乞うご期待!

とは言うたものの、最近は試験勉強が最優先事項になっているので、しばらくはそっち優先の生活が続きそうです。笑







ほなほな


この記事へのコメント